会社案内アイコン

社長のブログ ~華氏99度~

株式会社グリーン・アート松本社長雑記

経営にそして仕事に対する熱い思いをほとばしらせます。
ここでは後ろ向きなこと、ぼやき、愚痴、低いテンションはいっさい御法度。
真摯なスタイルで綴ります。

遠慮せずどうぞ、どうぞ!

2013年06月20日

昔の007の映画を見ていると、常に思う。

ジェームズボンドの持つ必殺の武器はいつ使うのか?

そして武器は一回しか使えないので、もったいない使い方をしてしまっては、次のまさかの時に困るのでは?

 

見ている方の心配をよそに、ジェームズボンドは惜しげもなく、

迷う事なく、その必殺の武器を使う・・・

さらに、100でいいところを150相手をぶちのめす。

 

思い切りがいい。とても、思い切りがいい。

ボンド。ジェームズボンド。

クール見えて、徹底的に力を出し切る。

 

で、弊社の仕事におきかえてどうなのか?

なにか遠慮してはいないだろうか?

力出しきっているのだろうか?

 

今、これをやってしまうと、今後ずっとこれでいかねばならない。とか

明後日が締め切りだから、提出は明日でいいだろう。とか

これ以上やっても同じだから、これくらいでよしとしておこう。とか

に陥っていないか?変な計算していないか?

 

ジェームズボンドが惜しげも無く必殺の武器使って、力出し切るのは

それくらい、必死な状況だからなんだけどね。

 

今、この時代のこの状況、力出し切らないと負けてしまうのである。

かなり必死な状況である、ということがまずわかっていないと、力も入らないし、出し切れないだろうなあ。

 

はい、どうぞ、どうぞ、思いっきり力出して、がんがん、やりまっしょい!

力をセーブしていては、肝心な時に、本気の力出せないのだよ。

 

普通にやっていては当たり前。誰も誉めてくれないし、感動もない。

そうか、ジェームズボンドではなく「24」のジャック・バウアーで行くべきか?

 

いずれにしても、例えが少し古いかも。

「24」で言うとあの24時間のためにジャックは普段から8736時間くらいかけて準備をしているのだ。だからためらいなく力を出し切れる。

 

遠慮せずに仕事しましょうよ!