会社案内アイコン

社長のブログ ~華氏99度~

株式会社グリーン・アート松本社長雑記

経営にそして仕事に対する熱い思いをほとばしらせます。
ここでは後ろ向きなこと、ぼやき、愚痴、低いテンションはいっさい御法度。
真摯なスタイルで綴ります。

効率をあげる。

2014年04月01日

本日から4月だ。
新年度である。
もうすぐ桜が満開になるのだよ。

2月逃げる、3月去るというが、ほんとうに
1月、2月、3月は早かった。

納期、仕事、時間、人、・・・金 いろんなものに追いかけられているからだろうか?
私が言うのもなんだが、まだまだ体の中身が季節に追いついていない。

昔から言われる事だが
社員は、仕事がMAX繁忙期状態の地獄ことを考え
経営者は、MAX閑散期状態の恐怖を考える。

1年中、毎日が繁忙期ならそれは繁忙期と言わない。
日常のふつうのことだ・・・

毎日が繁忙期なら、実は体も頭も心もそれに慣れ、
それを乗り切る技術がつくというもんだ。

効率をあげる、無駄をなくす、手間を減らす。

乗り切る技術とは、これに他ならない。
なまじ閑散期があるから、絶好調でまわるモーターが冷えてしまう。
効率のために多少金を使っても、充分あとで回収できるのだ。

無駄といえば、「何かを探している時間」、これほど無駄でストレスの
たまるものはない。
書類、資料、工具、文房具、データ・・・

とある会社では引き出しに2本以上のペンを入れないとあった。
何本もペンがあると、どちらを使おうか迷うので、その迷いの時間が
無駄だというのだ。

なるほど、そこまではいかなくとも無駄は減らした方がいい。
そのためには、いらないものは処分すべきなのである。

公使ともに「効率をあげる」それこそが
今年度キーワードだ。
そして、毎日を繁忙期にしよう。